話題沸騰中の「飲む育毛剤」-迷ったらこれを見よ!

育毛剤と言えば、どちらかというと頭皮に直接塗るタイプを想像しますね。

しかし、現在では飲む育毛剤が開発され、

手軽に始められるという事で多くの人が実際に使用しています。

ただ、飲む育毛剤と言っても、様々な種類があり、それぞれ効果が違います。

そこで今回はオススメの飲む育毛剤を3種類紹介しましょう!

 

おすすめの飲む育毛剤トップ3【錠剤タイプ】

飲む育毛剤で、どんな種類があるのか分からず、

直接体の中に入れるものなので心配な方は多いと思います。

効果も様々で育毛だけではなく、抜け毛予防や髪質の改善など、

飲む育毛剤にはそれぞれの特徴があります。

その中でも錠剤タイプは手軽に始められますので、

最近薄毛が気になっている方はオススメです。

これを見た上で薄毛対策をしていきましょう!

 

 

プロペシア

飲む育毛剤として有名なプロペシア。

「フィナステリド」と呼ばれる成分が含まれていて、

男性型脱毛症(AGA)に効果的な治療薬として知られています。

 

プロペシアの特徴とは?

最大の特徴は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが、

原因で起こる発毛の阻害を抑制する効果です。

つまり、プロペシアは男性ホルモンの作用を抑え、

抜け毛の予防をしてくれる心強い味方なのです。

そのAGA予防効果は97~98%と高い数字を誇り、

1年間の服用でおよそ6割、3年間の服用でおよそ8割の方に効果が認められています。

ただし、増毛効果は他の育毛剤との併用であり、

プロペシア単体では発毛効果は高くありません

薄毛治療において、抜け毛予防というのは重要な要素です。

現状の髪を維持して改善する事で増毛への第一歩となります。

プロペシアはこんな人におすすめ!

プロペシアは抜け毛予防の効果が高いため、

初期段階にある禿げ始めた人は非常に有効でしょう。

入手しやすく、値段も他の育毛剤と比べてお手頃なのですぐに始められます。

育毛剤は高いというイメージがありますが、プロペシアはリーズナブルです。

医薬品ですが、簡単な問診程度で処方されます。

最大のメリットは内服薬なので、誰にも知られず治療ができますよ。

プロペシアは1日に1回の服用で済みますので、

自宅に帰った後、寝る前に飲めばいいだけで治療に専念できます。

プロペシア使用者の口コミをチェック

フィンペシア

飲む育毛剤のプロペシアは高くて手が出せない。

そんな方に同等の効果を持つフィンペシアを紹介したいと思います。

フィンペシアの特徴とは?

飲む育毛剤の代表格であるプロペシアですが、医薬品で医師による処方が必要です。

値段も1万円弱で他の育毛剤と比べて幾分安いのですが、

それでも高く感じる人もいるかもしれません。

そこでプロペシアと同様に抜け毛予防に絶大な効果を発揮する、

フィンペシアというジェネリック薬をご紹介します。

ジェネリック薬とは、成分や効果がほぼ同じで、名前が異なる医薬品。

つまり、フィンペシアもAGAの進行を抑制する飲む育毛剤であるにもかかわらず、

安価で手に入れる事ができます。

ただし、正規品のプロペシアと比べて8~9割程度の効果となる事が多いようですよ。

フィンペシアはこんな人におすすめ!

フィンペシア最大のメリットは安価で手に入る事です。

プロペシアは病院で処方されれば、料金は8,000円~10,000円程度。

フィンペシアは処方なし、料金が約2,000円弱となり、圧倒的に安いことが分かります。

そのため、多くの人がプロペシアからフィンペシアに切り替えています。

コスト優先という方には、フィンペシアの方が良いかもしれませんね。

フィンペシア使用者の口コミをチェック

ミノキシジルタブレット

お待たせしました!

ついに皆さんが気になっていた発毛を促進する飲む育毛剤の登場です。

 

ミノキシジルタブレットの特徴

ミノキシジルは元々、高血圧の薬として開発されました。

高血圧患者が服用していましたが、服用すると全身の多毛症の症状が現れ、

これが発毛に役立つとして、飲む育毛剤にもなりました。

ミノキシジルは血液の流れを良くして、発毛に必要な栄養素を全身に届きやすくし、

その結果、発毛が促される効果を持っています。

ミノキシジルは毛乳頭細胞や毛母細胞と言った、毛の成長を促す細胞に直接働きかけ、

発毛のサイクルを活性化させてくれます。

外用薬も存在しますが、内用薬の方がその効果を充分に発揮できます。

 

ミノキシジルタブレットはこんな人におすすめ!

第一のメリットとして挙げられるのは内服薬であるという点です。

外用薬ですと、外出先では使いづらく充分に吸収されません。

内服薬は飲むだけで済むうえに、効果は外用薬よりも高いです。

経済的に負担が少ないのは嬉しいですね。

この薬は病院での処方は必要なく、

主に業者を利用してインターネットで入手できますので、入手も便利です。

そして、プロペシアやフィンペシアは女性は服用できませんが、

ミノキシジルタブレットは女性でも服用できます

薄毛で悩む男性に限らず、女性でも悩んでいる人は多いもの。

そんな方にミノキシジルタブレットはオススメです。

 

ミノキシジルタブレット使用者の口コミをチェック

女性

おすすめの飲む育毛剤を試す前に…知っておくべき副作用のこと。

飲む育毛剤はメリットが多いですが、当然ながらデメリットもあります。

プロペシアは唯一、病院で処方される医薬品ですが、

副作用として消化器系の不調がでることもあるようです。

ですが、特に心配されるのは性機能障害。つまり、男性機能の低下です。

性欲の減退や勃起機能の低下が臨床試験段階から確認されています。

ミノキシジルタブレットも同様に副作用があります。

元は高血圧の薬として開発されているので、

低血圧、顔や手足のむくみ、動機・心臓への負担があります。

服用している高血圧患者に多毛症が見られることからも分かる通り、

毛深くなります

飲む育毛剤は夢のような効果をもたらしますが、用法と用量を守って服用して下さい。

飲む育毛剤、ココを注意すれば怖くない!

飲む育毛剤はメリットが大きい分、副作用にも注意しなければなりません。

そのためにはどうするべきかを説明したいと思います。

 

用法・用量を必ず守る

薄毛を解消するための飲む育毛剤ですが、服用の際には注意が必要です。

飲むタイミングとして1日に1回24時間ごとに服用した方が効果的です。

プロペシア、フィンペシアについて女性は飲むのはもちろん、触るのも厳禁です。

なぜなら、主成分となるフィナステリドはDHTの生成を抑制しますが、

そのDHTは胎児の成長に重要な役割を果たしています。

妊娠中の女性がフィナステリドを摂取すると、

胎児に影響が出る可能性がありますので、服用は禁止されています。

触るだけでも微量ながら吸収されるので、錠剤を割る事はしないで下さい。

 

体に異変を感じたらすぐに服用を中止する

飲む育毛剤は内用薬ですので、主に消化器系が不調になります。

プロペシアやフィンペシアは男性機能も低下し、最悪の場合、EDになる可能性もあります。

ミノキシジルタブレットは、

体のだるさ、眠気、動機、体重増加という症状が現れる事もありますので注意して下さい。

人によって頭痛やめまい、吐き気などの症状を起こしますので、

すぐに異変を感じたら服用を中止して、医師に相談しましょう。

飲む育毛剤選びに迷ったら…副作用のリスクが低いプロペシアがおすすめ。

薄毛が気になって育毛剤を探す方は多いものですね。

ですが、飲む育毛剤は塗り薬よりもさらに慎重に選ぶ必要があります。

飲む育毛剤は手に入りやすく、値段もお手頃ですが、

どうしても気になるのが副作用でしょう。

そんな飲む育毛剤の中で唯一、厚生労働省から認可を受けているのがプロペシアです。

国が認めた医薬品ですので、比較的安心といえます。

効果も臨床実験で検証されており、科学的にも解明されています。

どうしても心配な方は、

まず医師と相談してプロペシアから始めるのが一番いいでしょう。

おすすめトップ3を参考に、飲む育毛剤を慎重に選ぼう

現在では数多くの育毛剤が開発され、内服薬も手に入りやすくなってきました。

そのメリットとして使いやすさ、安価な値段、確実な効果があります。

ただ、副作用もありますので、きちんと知った上で使う事が第一です。

長年、悩んでいた薄毛も飲む育毛剤で解決しましょう。

パソコン男