育毛剤で薄毛を治したい!

育毛剤で薄毛を治したいのに、なんだか効かない!効果がない!

それはもしかしたら効かない育毛剤を使っているからかも。

もしくは間違った使い方をしているかもしれません。

今回は育毛剤ロゲインについて用法・容量、より効果を高める方法をご紹介します。

 

悩み

育毛剤ロゲインの効果とは?

育毛剤ロゲインは、有効成分としてミノキシジルを主成分とする育毛剤です。

ミノキシジルを用いた育毛剤としては、CMでも有名なリアップがありますね。

実はロゲインの方が実績としてはかなり長いのです。ロゲインは一体どんな効果があるのか、以下にご紹介します。

 

育毛剤ロゲインの有効成分「ミノキシジル」

ミノキシジルが5%配合されているため、頭皮の血行促進や、毛髪を増加させる発毛・育毛効果が有ります。

 

頭皮の血行促進

育毛剤ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、元来高血圧患者さんのための降圧剤でした。

降圧剤の副作用として育毛効果が見られたので、育毛剤として開発されたのです。

もともと降圧剤ですので、ミノキシジルを塗布すると、その部分の血管が拡張され血流が良くなります

つまり、頭皮に育毛剤ロゲインを塗布すれば、頭皮の血管を拡張するために頭皮の血流が促進されます。

血流が良くなるので、毛根に十分な栄養素や新鮮な酸素が届くようになり、髪の毛がしっかりと成長する効果が期待できるのです

 

血管拡張

髪の毛を太く強くする

髪の毛は毛母細胞と呼ばれる毛根の細胞が細胞分裂を繰り返し、髪を成長させます。

育毛剤ロゲインの使用により、毛母細胞にたくさんの血液が届けられるようになります。

そのため、太く強いしっかりとして髪の毛が生成されるようになるのです。

 

育毛剤ロゲインによって発毛サイクルが活性化されるため、使い始めは一時的に抜け毛が増える場合があります。

不安になりますよね。しかし、これは新しい髪の毛を生やす準備なのです。

3か月~半年ほど使用を続けていくと、しっかりとした髪の毛が生えだして、抜け毛が減っていくのです。

 

しかし、「ロゲインは効果なし」という声も

育毛剤ロゲインは、日本皮膚科学会でA評価の判定を受けるほどの、効果が実証された外用育毛剤なのです。

ですが、育毛剤ロゲインを使用しても効果がなかったという方が多くいらっしゃいます。

 

育毛剤ロゲインが効かなかった原因は?

実は、育毛剤ロゲインの有効成分ミノキシジルが薄毛の症状すべてに効くというわけではないのです。

効かない・効果なしの理由を見ていきましょう。

 

男性ホルモンによる薄毛には効かない

育毛剤ロゲインの有効成分ミノキシジルには、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果はありません。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは、男性ホルモンである「テストステロン」と毛乳頭に存在する「5α-リアクターゼ」が結合すると生成されます。

このジヒドロテストステロン(DHT)によって脱毛が引き起こされるそうです。

育毛剤ロゲインは育毛を促進し、強く太い髪の毛を作ってくれますが、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成は抑制しないので、

AGA(男性型脱毛症)の根本解決はできません。

 

頭頂部には効きやすいが、側頭部には効きにくい

薄毛の原因としては、大きく二つに分かれます。

一つ目は男性ホルモン過剰によるものです。

もう一つは、血行不良による栄養不足が挙げられます。

育毛剤ロゲインは血行不良による薄毛には効果を示しますが、男性ホルモン過剰による薄毛には効果が薄いということが考えられます。

 

血行不良による影響で薄毛になりやすい個所は頭頂部と言われています。

そのため、頭頂部の薄毛には育毛剤ロゲインは比較的効果を示すのです。

しかし、生え際や側頭部の薄毛は男性ホルモンによる場合が多く、育毛剤ロゲインが効きにくいという現象が起こります。

 

即効性が少ない

育毛剤ロゲインは、発毛を実感できるようになるまで少なくとも最低1ヶ月、通常3か月~6か月かかると言われます。

即効性が少なく効かないと感じやすい育毛剤なのです。

さらに、育毛剤ロゲインは、発毛サイクルを活性化させるため、使い始めは一時的に抜け毛が増え、効かないと感じる方が多いようです。

 

また、現在の育毛剤ロゲインは、薬剤の浸透技術がともなっておらず、塗布後、完全に薬剤が乾燥するまで2~4時間程度放置しなければなりません。

これを朝夕と塗布する必要があり、用法・容量を守れない場合に効きにくくなってしまいます。

育毛剤ロゲインの効果を得るための使用方法を紹介

効果なしという声もあった育毛剤ロゲインですが、その効果を引き出すためには、正しい用法・容量を守ることも大切です。

効かないと嘆く前に、使い方をしっかりマスターしましょう!

育毛剤

基本的な使用方法

育毛剤ロゲインの通常の使用回数は、朝夕の1日2回です。

1回の間隔は12時間以上あける必要があります。

1回に使用できる量は1mlと決まっています。

効果を焦るばかり、これ以上の容量を用いたとしても、あまり発毛効果は変わらず、副作用の危険が高まります。

用法・容量は守った方が良いですね。毎日続けることも大切です。

 

効果的な塗り方

育毛剤ロゲインはボトルでしか販売されていません。

塗布するためにスポイトスプレーヘッド必要です。

スポイトでは、1mlの目盛まで吸い上げて、薄毛の気になる部分の頭皮にしっかりと塗布しましょう。

スプレーでは、薄毛の気になる部分になるべく近い距離からまんべんなく6回スプレーします。6回のスプレーで1ml塗布したことになります。

髪の毛に塗布しても効かないので、しっかりと頭皮に塗布することが大切です。

 

効果を引き出す塗布後の対処と塗布期間

育毛剤ロゲインは頭皮に浸透しやすくはありません。

しっかり頭皮に浸透させてあげないと効かないのです。

そこで、塗布後は育毛剤ロゲインが完全に乾燥するまで2~4時間ほど、どこにも触れないように放置しておくことが大切です。

 

また、育毛剤ロゲインは即効性が低く、初期は効果なしと感じがちです。

信じて使用し続けることは難しいかもしれません。

しかし、最低でも1ヶ月は毎日朝夕2回の塗布を続けることが大切

この1ヶ月をクリアし、その後も続けていくことができれば、3ヶ月~6ヶ月ほどで効果を実感できるようになります。

 

より効果を高める塗布のタイミング

育毛剤ロゲインは、頭皮がびしょびしょな状態で使っても、流れ落ちてしまい効果なしです。

逆に、ドライヤーをして髪の毛と頭皮が完全に乾燥した状態でも、育毛剤ロゲインが頭皮に浸透しにくくなり、効かないのです。

そこで、タオルで余計な水分をしっかり拭いきったタイミングで育毛剤ロゲインを塗布することが大切。

濡れて頭皮が冷え、血行が悪くなっては折角の効果も薄れてしまうので、その場合には少しドライヤーで乾燥することもおすすめです。

 

併用すると良いもの

育毛剤ロゲインの有効成分ミノキシジルには、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果なしであると前述しました。

そこで、AGAに効くプロペシアと併用することで、男性ホルモンによる脱毛の抑制をしつつ、より強く太い髪の毛の生成効果を期待できます。

併せて頭皮のマッサージも行うと、さらに血行を促進し、育毛が進みますよ。

 

健康でいることも育毛への第一歩

健康であることも育毛への第一歩です。

そこで、サプリメントL-リジンを併せて服用することもおすすめです。

L-リジンは、コラーゲンの生成、カルシウムの吸収、脂肪燃焼、肝機能の向上、肉体疲労の緩和と様々な効果があります。

健康になることで、育毛剤ロゲインの血流促進効果をさらに高めてくれますよ。

サプリメント

 

使用するうえでの注意点

育毛剤ロゲインには、注意しないと「効果なし」どころか、副作用が発生する場合があります。

まず注意していただきたいのは、普段から肌が弱い方や、アレルギー体質である方です。

発症率としては、ほんの数%程度ですが、頭皮がかぶれる、かゆみ、赤み、ほてり等の皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。

また、すぐに効かないからと焦って用法・容量を守らず、育毛剤ロゲインをより高濃度に使用すれば、肌が弱くなくても皮膚疾患の可能性があります。

 

そして、育毛剤ロゲインの有効成分ミノキシジルは、元々血圧を下げるものですので、当然血圧を下げてしまう副作用があります。

普段から低血圧な方や、心疾患などの症状がある方は使用を控えて下さい。

ロゲインは「効果なし」にならないように正しい使い方で!

今回は育毛剤ロゲインについて、どんな効果があるのか、どうして効かない・効果なしと言われてしまうのか見てきました。

育毛剤ロゲインは、日本皮膚科学会でA評価の判定を受けるほどの、効果が実証された外用育毛剤です。

正しい目的に対して、正しく使用すれば、効果を得ることが期待できます。

せっかくの育毛剤が効果なしなんて事がないよう、きちんとした使用法で使うことを心がけましょう!