驚き

プロペシアを使うと、体毛に何かが起こるらしい・・・。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名なプロペシア。

しかし、その効果や手軽さとは裏腹に、副作用がある事が知られています。

その一つが体毛に変化を与えるというもの。

 

今回は、プロペシアが体毛に与える影響についてお伝えします。

使用を検討されている方は必見ですよ!

 

がっかり

プロペシアの服用で体毛に変化が!?

 

プロペシアが体毛に及ぼす、具体的な効果とは!?

インターネットでプロペシアの口コミを調べてみると、体毛に関する副作用を見かける事があります。

口コミの内容としては、プロペシアの服用を開始してから体毛が濃くなったと言うものが多いようですね。

 

では、実際のところどうなのでしょうか。

プロペシアの主成分フィナステリドは、男性ホルモンに作用する5αリダクターゼを抑制する事で、AGA(男性型脱毛症)治療に効果が期待できるもの。

実は男性ホルモン自体に脱毛作用の効果があるのではなく、5αリダクターゼが男性ホルモンに作用する事で生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされます。

つまり、脱毛の原因である5αリダクターゼを抑制する作用として働くプロペシアでは、体毛が薄くなる事はあっても、濃くなる事は考えにくいのです

なぜプロペシアが体毛を濃くさせると言われているの?

何となくですが、「髪が生えてくるなら体毛も生えてきそう」と思ってしまうのは当然ですよね。

とは言え、なぜプロペシアが体毛を濃くさせると言う話が出てきているのでしょう。

原因はプロペシアとよく併用されるミノキシジルにありそうです。

 

実は、プロペシアは脱毛抑制効果が主な働きであり、発毛作用などはほとんどありません。

ですので、自力での発毛力が高い方の場合にはプロペシアだけでも髪が生えてくるのですが、低い方は脱毛が抑制されるだけで発毛は期待できません。

そういった方に良く勧められるのがミノキシジルです。

 

ミノキシジルはプロペシアと違い、男性ホルモンに働きかけるものではなく、血管を拡張させて血流を良くするよう働きかけます。

本来ならば頭皮の血行が良くなり毛根細胞に栄養を補給する事で発毛促進作用が得られるのですが、頭皮だけでなく体中の毛根細胞にも作用するため、体毛が濃くなると言う副作用が生じると考えられます。

 

このミノキシジルの副作用を、プロペシアの副作用と誤解してしまったと言うのはありえる話でしょう。

 

勘違いを正しましょう!

勘違いを正しましょう!

 

ミノキシジルで体毛が濃くなってしまった方の体験談!

あまり実感が出ないと思いますが、体毛が濃くなると言うのはどの程度のものなのでしょうか?

実体験がある方の話を少し見てみましょう。

毛が生えてくる部位は、顔面や手の甲、腕など様々なようで、濃さも人によってしまうと言うところでしょうか。

もともと、体毛が濃い方は体毛処理は大変な作業になってしまいそうですが、それでも「髪の毛が生えるなら」という事で使用を続けている人もいるようです。

 

プロペシアの体毛減少って!?

話はミノキシジルに逸れましたが、プロペシアで生じる「体毛が薄くなる効果」と言うのは具体的にどういうことなのでしょうか。

実際に起きる症状としては、すね毛や髭などが薄くなる事が使用者の実体験で報告されています。

実際のところ、男性で体毛が少なくなって気になる方は少ないかもしれませんね。

むしろ、体毛が濃い方には喜ばしいかも。

体毛はすっきりして髪はフサフサになるのはうれしいですよね!

 

スカルプD

体毛が薄くなるだけかぁ…

 

プロペシアには、体毛以外にもこんな副作用が!

体毛が薄くなるだけで、髪の毛が生えてくると言うのは喜ばしいですが、プロペシアの副作用は他にもあります。

と言うより、他の副作用の方が深刻ですのでしっかり確認しましょう。

 

性機能障害

プロペシアの副作用でよく話題に出るのが性機能障害についてです。

性機能障害と言われるとよく分からないかもしれませんが、具体的に勃起不全や性欲減退などが生じる可能性があると言われています。

プロペシアは男性ホルモンに強く関係しているのは前述したとおりです。

本来、前立腺などでも機能するはずの5αリダクターゼが抑制されてしまうと、性機能に問題が生じてしまうリスクが出てきてしまいます。

そのリスクは1%未満と言われており、決して高確率で生じる訳ではありませんが、誰にでも起きる可能性がある事は覚えておきたいところです。

 

初期脱毛が起きる可能性がある

正確に言うと、初期脱毛は副作用ではありません。

初期脱毛に驚いて途中で服用を止めてしまうケースが、副作用といえるかもしれません。

 

どういう事かというと、まず初期脱毛で抜け落ちる髪は健康な髪ではないという事です。

髪の毛には、生え変わりのサイクルがあります。

しかし、AGAの場合にはこのサイクルが狂ってしまい、本来太く成長する過程で髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

この状態でプロペシアを使用すると毛母細胞が活性化し、古い髪の毛を切り離し新しい髪の毛を生やそうとします。

この現象が初期脱毛の正体。

そのため、途中で服用を止めてしまうと髪の毛が抜けるだけ抜け、ヘアサイクルは狂いっぱなしになってしまうのですね。

初期脱毛が生じても焦らず、経過を見てみましょう。

 

 肝臓に負担がかかる

プロペシアは飲む育毛剤として有名ですが、正確にはAGA治療薬です。

育毛剤と言うよりは薬なので、肝臓が弱い方や、用法・容量を間違えて服用した方は、薬物性肝障害など引き起こす可能性があります。

プロペシアを服用の際には、医療機関で処方してもらい、医師の指示のもと用法・容量を守って使用しましょう。

 

プロペシア

副作用をしっかりと確認しましょう!

プロペシアを使う際は、体毛減少などの副作用も念頭に置いておこう!

今回は、プロペシアと体毛の関係についてお話ししました。

実際のところ、あまり体毛に関しては気にならない人も多いでしょうが、その他の副作用についても考慮しておきましょう

高確率では無いとは言え、プロペシアの副作用に不安がある方は、育毛剤の使用mp検討してみてください!

 

プロペシア

副作用はよく考えて、快適な育毛ライフを!