育毛剤

プロペシアを子作り中に飲むと危険…?その噂、徹底解明します!

AGA治療薬のプロペシアですが、子作り中に飲むと危険だという噂を聞いたことがある方もいると思います。

AGAは改善させたいものの、プロペシア自体に子作りに対して危険があると思うとなかなか一歩を踏み出せませんよね…。

そこで、プロペシアは本当に子作りに影響があるのかどうか徹底解明していきます。

プロペシアの服用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

AGAへの効果が期待されている薄毛治療薬と言えば、プロペシア。

 

プロペシアは、アメリカの医薬品メーカーであるメルク社が開発した、AGA治療に効果が期待できる飲む育毛剤です。

医師の処方が必要で、プロペシアを1日1回処方することでAGAの改善に繋がるよう働きかけます。

 

育毛剤といえば、頭皮に直接塗布するものがスタンダードではありますが、プロペシアは飲む育毛剤として有用性や安全性がしっかりと認められている医薬品の一つなので、薄毛に悩む人からも高い人気を誇っています。

 

でも、プロペシアは子作り中に飲むと良くないらしい。それってなぜなの?

AGA治療に効果的とされるプロペシアですが、子作り中の服用はおすすめされていません。その理由について確認してみましょう。

 

①副作用で精子が減少し、子作りがスムーズに行かない可能性があるから

プロペシアに配合されているフィナステリドという成分が、精子の減少を促すという報告がされています。

 

子作りには精子の質はもちろん、精子の量も重要なポイントとなります。

精子が減少してしまえば相対的に受精する確率も減少してしまいますので、子作り中、また子作り前はプロペシアの服用は控えるのがよいでしょう。

 

②副作用で勃起不全になる可能性があるから

プロペシアの服用により性欲減退が見られることはあまり多くはないのですが、副作用により勃起不全になる可能性は少なからずあります。

 

プロペシアのせいで勃起不全になってしまっては、子作り自体が難しくなってしまいますよね…。

 

③副作用で射精不全になる可能性があるから

前述で勃起不全の可能性を挙げましたが、プロペシアを服用すると、勃起はしても射精ができないという射精不全になる可能性もあります。

 

男性機能に少なからず影響を与えてしまう可能性があるプロペシアは、子作り中の使用は控えたいところですね。

 

プロペシア

どうして危険なのか?

実際どうなの?プロペシアが子作りに影響してしまった人の口コミをチェック

プロペシアの服用によって、実際に子作りに影響してしまったという人の口コミを見てみましょう。

プロペシアの服用により、副作用として性欲減退を実感している人もいます。

服用した人が皆というわけではありませんが、一部では子作りに不利となる副作用が現れてしまう人もいるようですね。

 

パートナーには最大限の注意を!プロペシアが女性に与える深刻な影響とは

 

プロペシアの利用は、男性だけでなく女性にも深刻な影響を与えてしまうと言われています。

 

子作りはパートナーと二人で行うものなので、プロペシアによる危険性についてよく理解し、利用は控えることをおすすめします。

 

考える女性

女性に与える影響

子作り中は選ぶ育毛剤に注意!パートナーと相談しながら育毛しよう

薄毛改善に向けて頑張りたい気持ちはあるとは思います。

しかし家族計画をするにあたってリスクを生み出さないよう、これまで以上に注意してパートナーと一緒に育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

楽天

充実した育毛ライフを!