カークランドとは?

カークランドは、アメリカのカークランド社が発売している頭皮に塗るタイプの育毛剤です。

同じくアメリカ生まれのロゲインのジェネリック医薬品で、

AGA(男性型脱毛症)に効果が高いといわれるミノキシジルを主成分にしています。

 

ジェネリック医薬品とは、

特許期間が終了した医薬品(ここではロゲイン)と同じ効能と安全性を、

「国」に認定されて販売・製造されている製品です。

 

カークランドは、1988年にアメリカの食品医薬品局(FDA)から、

正式に育毛剤ロゲインのジェネリック医薬品として認定されました。

 

育毛剤ロゲインとカークランドは何か違うの?

 

カークランドは、ロゲインのジェネリック医薬品なので、

有効成分ミノキシジルの配合も同じ5%で、使い方もロゲインとまったく変わりません。

 

では、どこがロゲインと違うのか?

 

ロゲインとの違いといえば、やはりお値段でしょう。
同じ成分のロゲインやリアップと比べてジェネリック医薬品は価格が安く、

そこが商品としての大きな魅力となっています。

コスパがいい

 

育毛剤ロゲインのジェネリック薬品カークランドの販売元はコストコ!?

 

ところでこのカークランド、

アメリカでの販売元は意外なことにあの「コストコ」だということをご存じでしたか?

 

巨大な倉庫に食料品、衣料品、家電製品や日用品まで膨大な激安商品を並べた会員制小売店コストコは、

日本でもすっかりおなじみになりましたが、

設立当時のコストコ本社がワシントン州カークランド市にあったため、

プライベートブランド(PB)名称が「カークランドシグネイチャー」といいます。

 

このコストコが提携する医薬品会社カークランド社が製造したロゲインのジェネリック医薬品「カークランド」を、

コストコがPB商品として販売しているというわけです。

「カークランド」が製品名、PB名称、会社名(また地名)でもあるので、

ちょっとややこしいのですが、おわかりいただけましたでしょうか?

 

コストコ

日本でもコストコでカークランドは買えるの?

 

アメリカではコストコをはじめ、PBのジェネリック医薬品がたくさん販売されています。

しかし、日本ではこのカークランドのような医薬品をPB商品として販売できません

日本の薬事法では製薬会社による一般医薬品認可を受けた医薬品は、

薬局やドラッグストアで販売することしか認められていません。

 

日本のコストコでも調剤薬局を備えた店舗もありますが、

国内製剤販売認可を受けていないコストコでPB商品として販売できるのは、

栄養補助食品(サプリメント)まで。

 

医薬品であるカークランドは日本のコストコで販売できないのです。

コストコでは買えない

日本でカークランドを買いたいときはどうすればいいの?

 

アメリカの販売元であるコストコでカークランドが買えないとすれば、

いったい日本人はどのようにカークランドを購入することができるのでしょう?

 

ロゲインと同じくカークランドを購入する唯一の手段は「個人輸入」です。

 

購入方法1 自分で個人輸入する

もしあなたが英語が得意なら、アメリカの販売元に直接注文してはいかがでしょう?

個人が自分で使うためであれば、

海外からカークランドのような日本未認可の医薬品を輸入することは法律でも認められています。

ただし、輸入したカークランドを他人に売ったり、あげたりするのはダメ!

また、友だちと何人分かをまとめて輸入することも認められていません。

あくまでも「自分用」だけの輸入となりますので、要注意!

 

購入方法2 輸入代行業者を介して個人輸入する

英語が苦手だったり、自分で注文や輸入手続きをするのが面倒くさいという人は、

輸入代行業者を通してカークランドを購入するのがいいでしょう。

ロゲイン同様、多くの業者がカークランドを扱っています。

ただし、中には偽物を扱っている業者もありますので、

オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの実績ある大手業者を利用するのが安心です。

パソコン男

 

購入方法3 アメリカで買ってくる

観光旅行や仕事の出張でアメリカに出かけた際に、コストコで購入することもできます。

ただしアメリカのコストコで買ったカークランドを、

日本に持ち帰る場合は、

個人輸入の場合と同様にあくまで「個人の使用のため」に限られます。

友だち用にコストコ土産として大量購入するのはやめた方がいいでしょう。

これはロゲインも同じです。

 

カークランドの効果とは?

 

繰り返しになりますがコストコのPB商品であるカークランドは、

ロゲインと成分が同じジェネリック医薬品です。

つまりその効果や安全性・副作用は基本的にロゲインに準ずると考えられるでしょう。

ただし、本来なら医薬品であるミノキシジルを使った物は、医師に処方してもらうのがベスト。

ロゲインもコストコのカークランドも、

使用する際は自己責任になりますので、十分に注意する事が大切です。

 

効果1 毛根に栄養を運んで発毛・育毛を促進

カークランドを薄毛やハゲた部分に塗ると、

ミノキシジルの作用で頭皮の血管が広がり、血流が良くなります。

血流が改善すると、毛根にしっかりと栄養や酵素がいきわたり、発毛や育毛を促します

髪の毛の成長

 

効果2 即効性に優れている

コストコのカークランドは、ロゲイン同様比較的効果が早く現れる育毛剤と言われています。

早いと1か月以内、通常は2〜3か月ぐらいで効果を実感できることが多いようです。

ただし、人によっては効果が現れるまでに4か月以上かかることもあります。

4か月使い続けても効果が出ない場合は違う育毛剤を検討した方がいいかもしれません。

 

効果3 弱った毛髪が抜ける

カークランドを使用し始めると、

最初のうちにシャンプー時などの抜け毛が増えて、あわてることがあるかもしれません。

 

でも大丈夫! 安心してください。

これは「初期脱毛」といって、

新しく生えてきた毛が古い弱った毛を押し出している証拠なのです。

 

カークランドには副作用がある?

 

気になる副作用に関しても、カークランドはロゲインに準じています。

もし、以下の症状が出た場合は、

すぐに医師に「カークランドを使っている」ということをはっきりと告げて相談しましょう。

 

副作用1 頭皮のかゆみとかぶれ

頭皮のかゆみ

人によってはカークランドを使い続けているうちに、

頭皮のかゆみやかぶれ、湿疹などの症状が出る場合もあるようです。

これは一首のアレルギー反応で、

症状がヒドい場合には皮膚科の医師に相談した方がいいでしょう。

 

副作用2 低血圧症状

ロゲインとカークランドの有効成分ミノキシジルは、

もとは高血圧症状に悩む人のための降圧剤として開発された薬品でした。

そのため使い続けているうちに、

朝起きられないなどの低血圧症状が顕著になるケースがあります。

また、血圧が安定しない人の場合、動悸やめまいなどの症状が出ることもあります。

 

副作用3 体毛と体重の増加

薄毛やハゲの部分だけでなく、

まゆ毛や腕、すねや陰部の体毛が激しく増加する「多毛症」になる場合があります。

これは副作用というより、「効き過ぎ」といったほうがいいかもしれません。

体毛の増加

 

カークランドはコストコでは買えません…

 

ジェネリック医薬品であるカークランドは、

ロゲインや同じ有効成分ミノキシジルを配合した国産の「リアップ」と比べると、

なんと半額近いお値段で買うことができます。

あなたがジェネリック医薬品に抵抗がなければ、一度試してもいいかもしれません。

 

ただ、アメリカの人たちはコストコで気軽に買うことができますが、

私たち日本人の場合は最寄りのコストコでは買えないので個人輸入というハードルがあります。

せっかく苦労して手に入れたカークランドが期待はずれだったり、

副作用に悩まされたりしてはガッカリですよね。
偽物や使用期限切れなどの粗悪品も心配です。

また、ミノキシジルなどのAGA対策の育毛剤には、人によって効き目に差があります。

発毛・育毛に詳しい医師のいる医院やクリニックで十分相談してからにしたほうがいいかもしれませんね。