育毛剤

カークランドには副作用があります!

海外製の育毛剤であるカークランド。

効果の高さとコスパの良さで知られており、名前を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

しかしそんなカークランド、実は副作用の可能性があることをご存知ですか?

カークランドを選ぶ前に知っておきたい副作用について徹底的に見ていきます。

 

悪い口コミ

効果的でも副作用は気になるところ

カークランドの成分

ではカークランドには、一体どんな副作用があるのでしょうか?

カークランドの副作用を語る上で大切なのが、カークランドの成分について。

 

カークランドの主成分は「ミノキシジル」。

世界で初めて、脱毛症の治療薬として認められた成分なのです。

特にAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛に対して、理想的な育毛剤と言われています。

そのためクリニックに行くとミノキシジルの育毛剤やタブレットを勧められることも。

カークランドの育毛剤はこのミノキシジルを5%配合した育毛剤です。

カークランドの成分であるミノキシジルには副作用がある

そんな“世界的に認められている”ミノキシジルですが、成分が強い故にいくつかの副作用を引き起こすこともあるのです。

それでは本題の「カークランドの副作用」をいくつか挙げたいと思います。

 

頭皮が痒い、かぶれてしまう

使いやすさ重視!

ミノキシジルの副作用として最も多いのが「頭皮の痒み・かぶれ」ではないでしょうか?

元々ミノキシジルには血行促進効果があります。

そのため頭皮の血流が悪かった人がミノキシジルを使うと痒くなる可能性が高まってしまいます。

しかし通常であれば暫くすると痒みも治っていくのですが、人によっては痒みが止まらなかったり頭皮がかぶれるという人も!

ミノキシジルは刺激が強いので、敏感肌の人はなるべく避けた方が良いでしょう。

 

血圧が低下する

低血圧の副作用

次に多いのが血圧の低下

ミノキシジルが脱毛症の治療薬として認められる前、高血圧の治療薬であったことをご存知ですか?

よってミノキシジルには血圧を下げる作用があるのです。

低血圧の人は使用を控えた方が良いでしょう。

また低血圧でない人も、使用している最中に目眩などを起こす人もいます。

ミノキシジルを使う際は血圧が下がっていないか測りながら、注意して使用してください。

 

AGAにしか効かない

お父さんの育毛剤

そしてミノキシジルの特徴の一つが、先に述べたように「AGA(男性型脱毛症)」に効果的であること。

しかし逆に言うと、AGAが原因の薄毛以外には効果がほとんどないのです。

AGAではない人が使うと、毛が生えることなくただ副作用を受けるだけの場合もあります。

育毛剤選びの際は、まず何の原因の薄毛なのかを調べることも大切です。

自分の薄毛にピッタリあった育毛剤を選んで使いましょう。

 

もし、副作用の被害を受けた場合の対処法

カークランドに含まれているミノキシジルの副作用について挙げてみました。

当てはまる人も、いない人も、副作用には様々な種類がある事を覚えておきましょう。

では万が一副作用を起こしたらどう対処すれば良いのでしょうか?

 

使用を止めて様子を見る

育毛剤によっては初期脱毛や初期の痒みがあります。

しかしそれが長期間治らなかったり少しでも引いていかない場合は、一旦使用を止めてください。

様子を見て副作用が治れば、もう一度挑戦してみても良いかもしれません。

それでも同じ症状が長く続く場合は、使用している育毛剤の使用を中止しましょう。

せっかくの育毛剤でも頭皮が荒れて環境が悪くなると、健康的な髪の毛は育ちません。

頭皮環境の改善を優先した方が良いでしょう。

 

他の育毛剤に変える

副作用が起こる原因は様々。

育毛剤に含まれている成分が原因であったり、頭皮環境が悪くどんな育毛剤でも副作用が起こる場合もあると思います。

育毛剤を使って副作用を起こした場合、もっと刺激のない育毛剤に変えることも一つの手です。

またカークランドのようなミノキシジル配合の育毛剤でも、配合濃度がもっと低いものもあります。

どうしてもミノキシジルが良い!という人もいるかもしれません。

そういう人はより配合濃度が薄いものを使ってみてはいかがですか?

 

クリニックで診てもらう

そして安心できる対処法は、実際に医師に診てもらうこと

ちょっとした副作用が後々大きな症状になることもあります。

独断で治そうとせずに医師からアドバイスを貰った方が確かです。

副作用が醜い場合はもちろん、少しでも体に異変があり気になった場合は受診することをおすすめします。

髪の毛専門のクリニックがあるので、専門のクリニックを選ぶと良いでしょう。

また育毛剤を選ぶのに迷っている人や、自分の薄毛の原因を知りたい人も、初めからクリニックで相談すると安心できると思います。

カークランドのように副作用がある育毛剤

ここまで、カークランドの副作用とその対処法について紹介しました。

しかし、カークランドのような副作用は、他の育毛剤にも起こり得るのです。

ロゲイン

まず一つ目が、ロゲイン。

元々カークランドはロゲインのジェネリック商品です。

ジェネリック商品とは、簡単に言えば特許の切れた商品を真似して作られた商品のこと。

単なる真似ではなく、全てがその商品と同等であると認められ低価格商品のことです。

なのでカークランドと同じくロゲインもミノキシジルを主成分としています。

そのためカークランドと同じ副作用が起こる可能性があるのです。

 

リアップ

二つ目がリアップ。

リアップは日本で初めてミノキシジルを採用した育毛剤です。

女性用など、様々なミノキシジル配合の育毛剤を販売しています。

ミノキシジルは使ってみたいけど、海外製は不安…という人はリアップを使われるかと思います。

しかし、日本製とは言っても、成分はカークランドと同じミノキシジル。

よってミノキシジルの副作用である頭皮の痒み・かぶれ、低血圧などが起こる可能性があるのです。

 

育毛剤は効果と副作用のバランスで選ぼう

今回はカークランドの成分と副作用をご紹介しましたがいかがでしたか?

頭皮から入れた液体は体の中に入ります

効果はもちろんのこと、副作用について考えることも大切です。

やはり1番良い育毛剤は、効果があって体に副作用がないものですよね。

効果と副作用のバランスを考えて育毛剤を選びましょう!