サポート

添加物入りの育毛剤はこんなに危険!

育毛剤を検討中のみなさん。

市販の育毛剤ってほんとうにたくさんあって、どれを使えばいいのかお悩みではないですか?

いくつか候補はあるんだけど、最後の決め手が見つからない。

やたらと手を出して発毛するどころか悪化したらどうしようなど、いろいろ迷ってしまいますね。

育毛剤チョイスの基準は第一にもちろんその効果ですが、今回はちょっと目線を替えて育毛剤の安全性を検証してみましょう。

多くの育毛剤には添加物といわれる成分が含まれています。

添加物というのは人工的に合成されたものの総称で、医薬品や化粧品の場合は有効成分に対してその効果促進を補佐する成分という位置づけです。

育毛剤の添加物には有効成分の効果を高める、使用感を良くする、見た目を良くする、製品を長持ちさせるなどの役割があるのです。

ただ最近無添加にこだわる育毛剤も多くなりました。

化粧品の分野でも無添加化粧品の注目度が高まっているのと同様に添加物は良くない、ないほうが良いという流れです。

 

では、添加物のなにがいけないんでしょうか。

ツイッターで検索してみました。

なるほど、添加物が頭皮を痛めたり、発毛阻害、はては脱毛をも引き起こすとツイートされています。

せっかく発毛の期待をこめた育毛剤でこんなことになったら大変です!

頭皮

危険なのになぜ添加物が使われているのか

育毛剤に添加物が使われる理由

それなら、そんなに悪い添加物がなぜ育毛剤に配合されているんでしょう。

最初にお話したように添加物にもちゃんと役割があるんです。

ただし添加物の中にはアレルギーなどの副作用が確認されているものも存在します。

すべての人に副作用が出るわけではないのですが、敏感肌の方やもともとアレルギーをお持ちの方は気をつけないといけません。

それでもメーカーが添加物を使用する理由は大きく次の2つだと考えられます。

ひとつは製造コストを下げるため

大量生産がコストダウンのかなめなのは判っていただけると思いますが、大量に作るということは消費までの時間が長くなることに直結します。

このため、成分の変性や劣化を防ぎ、長いあいだ品質を維持する目的で添加物が配合されているのです。

もうひとつは、使用感を良くして使いやすくするためです。

たとえば配合薬効成分の独特な臭いは、使用者が気にしていなくても周囲に育毛剤の使用が判ってしまう不都合があります。

香料を配合することによって、この臭いを消したり、香料自体のアロマ効果によるリラクシング効果を狙ったりします。

また、メントール成分などで使用時の爽快感を高め、毎日の使用を習慣付けしやすくしたりしています。

こうした製品特性を好むユーザーが多く存在することもまた事実です。

 

 危険な添加物① 石油系界面活性剤

界面活性剤というのは、育毛剤の有効成分が頭皮の中に浸透しやすくなるように配合されています。

界面活性剤はタンパク質を溶かす機能を持つ合成物で、この機能を利用して頭皮の角質を溶かし、有効成分が入り込みやすい環境を作っているのです。

界面活性剤にはいくつかの種類があります。

天然系、高級アルコール系、石油系など、合成のもとになる素材によってわかれています。

通常、育毛剤使用時には頭皮の角質を溶かす作用を行いますが、水で洗い流すとこの成分は流れ出ていくのでたとえば洗髪するとこの作用はストップします。

ところが界面活性剤の中には水で洗い流せないものが存在するのです。

それが、石油系界面活性剤

水分に強く長い間頭皮にとどまるため角質細胞を破壊しつづけ、角質の重要な役割である肌のバリア機能を奪ってしまいます

保水や外部からの異物、刺激をブロックするバリア機能を奪われた頭皮は乾燥や荒れを起こし、敏感肌のような状態になってしまいます。

成分表に「石油系・・」「スルホン酸」「○○硫酸」などがあり、その後に「ナトリウム あるいは Na」「アンモニウム」の表記があったら要注意です。

 

 危険な添加物② 香料

育毛剤における香料の役割はすでにお伝えしたように、薬効成分の独特な臭いを消したり、アロマ効果での使用感向上にあります。

また香りがその育毛剤の売りになるなど製品を特徴付けるカギとなる場合があり、メーカーとしては気を使っている部分です。

しかし香料の原料は様々で、原料のなかには特定の人たちにアレルギーなどの副作用を引き起こす可能性が認められているものもあります。

1000人のうち12人程度の割合で副作用が発生するとされています。

よく知られる症状としては、

なんの脈絡もなく激しい咳が始まり止まらない。

呼吸が苦しくなる。

頭痛が続く。

といったものがあり、因果関係が解明されていない場合が多いものの、使用者本人ではなく周囲の人に発症するケースがあるなど、なかなか厄介な問題をはらんでいると思います。

 

 危険な添加物③ プロピレングリコール

発毛剤として有名な薬剤、ミノキシジルを主成分とする育毛剤に多用されているのが、プロピレングリコールです。

アルコール系の添加物で、ミノキシジルの浸透を促進する役割を持っています。

また保湿効果や不凍液としての機能をもっていて安全性も高いとされており、化粧品やシャンプー、歯磨き粉や食品など幅広く使用されています。

しかし育毛剤として使う場合、頭皮の痒みや炎症を引き起こす恐れがあり、注意が必要です。

この副作用は症例が多く、症状が出たらただちに使用を中止しなければなりません。

研究では、皮膚の過敏症のほかに染色体異常や肝臓、腎臓などの内蔵障害を引き起こす可能性も指摘されています。

 

危険な添加物④  紫外線吸収剤

一般に日焼け止めに使用されている化学合成成分です。

日焼け止め成分には大別して紫外線を跳ね返す機能を持つもの、紫外線を自らに取り込んで化学反応を起こし、違う性質に変えることで日焼け症状を防ぐ機能を持つものの2種類があります。

紫外線吸収剤はその名の通り後者になります。

育毛剤にも日焼け止め成分として配合されている場合がありますが、この化学反応にともなう発熱や化学変化で出来た物質が、頭皮を刺激し荒れや、フケの発生に繋がることがあります。

メトキシケイヒ酸オクチル、オクチルトリアゾンなどの表記がある場合はご注意を。

 

危険な添加物⑤  着色料

着色料は製品の特徴を出したり、光による品質変化を回避するために用いられます。

着色料には天然着色料と合成着色料がありますが、多くの場合合成着色料のタール色素が使用されています。

もともとタール色素はコールタールを原料としていましたが、コールタールに発ガン性が認められてからは、石油系の成分を精製して作られています。

食品添加物としての使用が多く、お菓子、清涼飲料などの鮮やかな発色はタール色素によるものです。

ただ、タール色素に発がん性や催奇形性があるとされてからは、赤色4号、5号、黄色1号など17品目が使用禁止となりました。

その他にも海外では使用禁止になっているもので、日本国内では使用が許されているものが存在し、先進国の中では規制のゆるい国となっています。

いずれにせよ、着色料は育毛剤にとってもともとほとんど必要のないものといって良いと思います。

 

驚き

育毛剤にまったく必要のない添加物も・・よく見極めましょう

添加物入りの育毛剤で起こる症状とは・・・

ネットでも育毛剤の添加物によると思われる事例がたくさん見つかります。

少し検索するだけでもこんなに・・・

 

 

頭皮の湿疹・にきび・・洗浄作用が過剰なアルコール系添加物による頭皮の過敏反応が引き起こします。

 

 

フケ・・プロピレングリコールによる頭皮の炎症によるフケの1例。過剰な浸透作用による副作用です。

 

 

頭皮の痒み ・・プロピレングリコールには頭皮の痒みを引き起こす副作用があります。

 

 

湿疹 脱毛・・ 石油系界面活性剤が角質を取り過ぎてしまうと頭皮が余計に脂質を分泌し脂漏性脱毛の発症することも。

 

 

頭皮の炎症・・ 界面活性剤の影響や紫外線吸収剤の影響で起こる可能性。炎症を起こし、赤色化しています。

男性

急な咳や頭痛 ・・明確な原因が不明なときはは香料による副作用が疑われます。

 

こうして発症の実態を見てみるとちょっとショックを受けてしまいますね。

添加剤がひきおこす副作用は頭皮への直接的な影響だけでなく、咳や頭痛、平衡感覚の狂い、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状悪化などに繋がることもあるのです。

育毛剤はその目的と性質上、継続使用が基本です。

毛周期という髪のライフサイクルがあるため、育毛、発毛に即効性は求めにくく、半年以上の継続使用が必要なのです。

結果的に長期間となる添加物の摂取は、その成分によっては発ガンリスクに繋がる可能性も否めません。

 

添加物入りの育毛剤に関する動画もチェック

 

こちらは最近話題の「経皮毒」を扱った番組です。

育毛剤に含まれる添加物が体内に取り込まれ発症するのもまさにこの経皮毒によるものです。

けして頭皮のことだけにとどまらない危険性がおわかりいただけると思います。

無添加育毛剤を使うメリットは・・・

合成添加物に警鐘を鳴らす流れは社会的に大きくなって来ています。

食品、化粧品、入浴剤、シャンプーなどと同様に長期間にわたり習慣的に使用する育毛剤ですから、添加剤の影響には特に注意をはらうべきだと思いませんか?

育毛剤のラインナップにも無添加のものが増えてきています。

敏感肌の方にも安心して使っていただける製品として開発されて来た経緯がありますが、こうして添加物の危険性がわかってくると、どんな方にも無添加育毛剤がおすすめといわざるを得ません。

みなさんに安心してお使いいただける無添加育毛剤をご紹介しましょう。

ザ・スカルプ5.0c

長く使うために安全な無添加育毛剤をチョイス!

安心して使える無添加育毛剤①  チャップアップ

配合されている成分と期待できる効果

無添加育毛剤といえば、まずネットで評判のチャップアップです。

発売元: 株式会社ソーシャルテック

価格 :14,800円  割引定期コースあり サプリメント付 総額20,760円が 9,090円

返金保証:30日間

配合成分:センブリエキス、グリチルリチン酸2K、ミツイシコンブエキス、チョウジエキス、オウゴンエキスなど

 

チャップアップの有効成分は、センブリという植物から湧出されたエキス。

センブリエキスには髪の毛を作る大もとの毛母細胞の細胞分裂を活発にするはたらきがあります。

次に甘草という植物由来のグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)。

この成分には抗炎症作用があり、毛穴の健康を維持し成分が浸透しやすい環境をつくります。

同時にAGA(男性型脱毛症)の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という活性型男性ホルモンの発生を抑制する機能を持っています。

また、天然成分ミツイシコンブエキスに含まれるM-034には、育毛医薬品の定番ともいえるミノキシジルに匹敵する毛球保持効果が認められています。

こうした天然由来の有効成分に加えて、これらの成分の機能を強化補完する30種類もの植物エキスを贅沢に配合、また上記したような添加物を一切使っていないのが、チャップアップの特色です。

 

使用者の実際の声は・・・

チャップアップについての口コミの中でも試用期間のみではなく、3ヶ月から1年ほど継続試用された方をチョイスしました。

効果の実感には半年位の継続が必要なようです。

チャップアップの特徴であるユーザーサポートからのアドバイスや、服用サプリメントなどの合わせ技で効果をあげられた方もいらっしゃいますね。

ただどんな育毛剤にも効果の個人差はありますので、コスパ的にはちょっと厳しいので諦めようかという声も聞こえてきます。

安心して使える無添加育毛剤② イクオス(IQOS)

配合されている成分と期待できる効果

IQOS イクオス

発売元:株式会社キーリー

価格:12,800円 割引定期コースあり 6,800円 育毛サプリメント付き

返金保証:45日間

配合成分:オウゴンエキス、M-034、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCIなど。

 

主要有効成分はチャップアップとほぼ同じです。

ただしミツイシコンブエキス由来のM-034とオウゴンエキスの配合量が多いようです。

M-034にはすでに述べたように毛球の保持作用があります。

具体的には毛母細胞の分裂活動を活性化し、毛周期(ヘアサイクル)のうちの成長期から休止期を延長、正しいサイクルに戻す働きが認められています。

オウゴンエキスには、グリチルリチン酸2K同様 DHTの生成を抑制する機能があり、その他にも環境ストレスによる代謝異常を抑制したり、活性酸素を除去する機能があります。

広範にわたって、頭皮の健康を促進してくれる成分です。

有効成分に加え、18種類の植物由来成分が配合されており、これらの成分を低分子ナノ水という極小分子の水に溶かしこむことで、毛根への浸透性を高めているのが特徴です。

 使用者の実際の声は・・・

ネット上の口コミでは使用感の良さが際立っていました。

やはり無添加の良さか、頭皮の異常を訴えているケースはありませんでした。

育毛効果がじわりと現れている方が多く、その他は現状維持だけれども使用感が良くて継続している感じです。

総じて評価が高いと判断できます。

安心して使える無添加育毛剤③ BUBKA(ブブカ)

配合されている成分と期待できる効果

BUBKA ブブカ

発売元:株式会社T.Sコーポレーション

価格:16,740円 割引定期コースあり 11,664円 (初回5,980円) 育毛サプリメント付き

返金保証:30日間

配合成分:M-034、オウゴンエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCIなど。

 

使用感を良くするための添加剤はいっさい配合していないと主張しているブブカ。

必要のないものは一切入れないという姿勢は評価できますね。

主要配合成分はチャップアップ、イクオスと同じですが、こちらは業界1 M-034の配合量が多いのが特徴とされています。

M-034は昆布から抽出されるエキスですが特殊な抽出方法で取り出すので、食による体内摂取は出来ないようです。

ブブカについては、楽天やamazonでのレビューはほとんど存在しないので、おもに2chの書き込みを検証しました。

大勢としてはミノキシジルやフィナステリドといった育毛医薬品の信奉者は否定的です。

副作用に悩まされ、こういった医薬品からブブカに乗り換えた人たちの使用感はやはり無添加だけあって良好な評価ですね。

ただ長期にわたる報告がないため効果実感についての記述はあまり多くありません。

Yahoo知恵袋に効果実感のコメントが寄せられていました。

女性用の無添加育毛剤もチェックーー海藻エキス配合のマイナチュレ

配合されている成分と期待できる効果

敏感肌の多い女性の場合は男性以上に無添加にこだわる方が多いですね。

基本的に育毛剤は配合成分を男女別に調整しています。

特に妊娠時の胎児への影響などが考えられるため、女性には使えない育毛剤も存在します。

ただその影響の多くは添加物によるものなので、無添加育毛剤は女性の使用も可能とされています。

ただ、女性の薄毛の原因は男性型脱毛症と原因を異にする場合が多いため、女性専用に配合された製品を使うほうが効果が出やすいと考えられます。

ここでご紹介するのは、女性専用無添加育毛剤マイナチュレです。

マイナチュレ

販売元:株式会社レッドビジョン

価格:5,095円 割引定期コースあり 3790円と、2回目以降4742円のライトプラン(3ヶ月)、初回20%OFFの3790円と、2回目以降は6%割引の4457円のスタンダードプラン(6ヶ月)など。6ヶ月以上はマイナチュレシャンプー(3,180円)を1回プレゼント。

返金保証:定期コース育毛剤のみ 90日間 上限3本

配合成分:ミツイシコンブエキス、オウゴンエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCIなど。

配合成分はこれまでの育毛剤と同じですが、女性用のため、血行促進作用、栄養補給作用、保湿作用に力点がおかれています。

男性型脱毛症の原因が男性ホルモンであるのに対し、女性の脱毛は老化や、外的要因(環境ストレスなど)により発生する異物代謝酵素の影響による場合が多いといわれています。

このため、マイナチュレでは

ミツイシコンブエキスの保湿作用、栄養補給作用

オウゴンエキスの代謝酵素抑制、活性酸素抑制作用

センブリエキスの末梢血管拡張作用

などを効果的に促進するために全27種の植物由来成分と10種のアミノ酸が配合がされています。

 

 使用者の実際の声は・・・

使用感が良い、抜け毛が減った、発毛したとの良い評価がほとんどですが、やはり体質的に合わない方やなかなか効果が出ない方もいらっしゃいますね。

育毛剤なら安心の無添加を選ぶべし

今回は育毛剤に含まれる添加物の危険性と、おすすめの無添加育毛剤についての話題でした。

はじめて育毛剤をご検討中の方はもちろん、すでにご使用中の方も、安全性という観点で育毛剤を見なおしてみるのはいかがでしょう。

ご自分にあった育毛剤を見つけて、一日も早く安心で快適なヘアケアライフをスタートさせましょう。

育毛

無添加育毛剤で安心の育毛ライフを!