発毛剤の副作用って危険…?

 

発毛剤は試してみたいけど、副作用が心配でなかなか手が出せない。発毛剤は副作用があると聞くけど、具体的にどんな症状が出るのか分からない。

そんな皆様に、発毛剤の副作用について徹底解説します。是非チェックして、今後の発毛プランに役立てましょう。

 

発毛剤の発毛効果はスゴイらしい。

 

突然ですが、「発毛剤」とは何でしょうか。「髪の毛を生やす薬」ですよね。では「髪を生やす」というのはどういうことでしょう。

「ハゲてしまったところから毛を生やすこと」と答えた方、大正解です。

比較的簡単に手に入る「育毛剤」は、抜け毛を防ぎ、頭皮の環境を整えて、健康な髪が育つのを助けるもの。「医薬部外品」に分類されるものが多く、「治療」というよりは「防止・衛生」が目的です。

それに対して「発毛剤」は、さっきの回答通り、毛が抜け落ちてしまったところから新たに毛を生えさせるもの。「医薬品」に分類されるものが多いです。医薬品は病気を治療する薬のことで、その効果が厚生労働省から認められています。効果が高いと言われる所以はそこにあるのですね。

 

 

ただし、発毛剤には副作用の危険性が…

 

上の項目で、発毛剤は「医薬品」が多いと述べました。それは「効果が高い」と同時に、「副作用の危険性がある」ということも意味するのです。医薬品を使う時は、副作用の可能性と薬の効果を比較考量し、薬を使った方が体にメリットがあると判断した時にのみ使用するべきなのです。

発毛剤は頭に塗る外用タイプと、飲んで効く内服タイプがありますが、副作用の危険性がより高いのは、内服タイプです。内服タイプで言うと日本ではプロペシアのみが認可されていますが、医療用医薬品なので医師の処方がないと購入できません。このことからも副作用の危険性の高さを伺えますね。

 

具体的にどんな症状が出る?発毛剤の副作用まとめ

 

一口に「副作用」と言っても、薬によって出る症状が違います。どんな症状なのか、具体的に見ていきましょう。

 

①かゆみやかぶれなどの頭皮トラブル

発毛剤に含まれている成分や添加物によって皮膚が刺激を受け、アレルギー反応を引き起こすことがあります。主な症状としては頭皮のかゆみ、湿疹、かぶれ、フケの増加などが挙げられます。頭皮環境が悪くなっている状態ですから、これらがひどくなると脱毛を助長してしまい、薄毛が進行することもあるのです。普段から肌が弱い人、アルコール消毒などでかぶれてしまう人などは特に注意が必要です。

 

使い始めてから、頭がかゆくなってきて…。途中で断念しました。
出典:hair-regro.net

かゆみが強く私には合わなかった。我慢しながら3週間使用したが発疹が出たので使用中止した。炎症の為か逆に抜けてしまった。
出典:osakado.cool

 

②体毛が濃くなる

体毛が濃くなるのは、主に内服タイプの発毛剤ミノキシジルの副作用として知られています。ミノキシジルは血管を拡張させる効果があり、頭皮の血流が良くなることで発毛を促します。これが頭皮だけでなく全身に作用すると、全身の血液循環が良くなって体毛が濃くなってしまうのです。

ちなみにミノキシジルは外用薬「リアップ」に配合されていますが、内服タイプは日本では認可されていません。

 

体毛も濃くなったように思います。
今まで毛のなかった手の甲や腕にも生え始めています。
出典:osakado.cool

全身のけがもじゃもじゃしてきた!
出典:osakado.cool

 

③頭痛やめまい

頭痛やめまいも、主にミノキシジルの副作用として知られています。ミノキシジルの血管拡張作用により、頭部の血管も広がり、それが近くの神経に触れて頭痛が発生します。また、脳を循環する血液の量が急に変化するためにめまいが起きるのです。もともと頭痛持ちの人、血圧の薬を飲んでいる人などは特に注意が必要です。

 

使用2日目から頭痛に襲われました。
出典:osakado.cool

頭痛がするので服用を控えております。
出典:idrugstore.jp

 

④血圧の低下

上記で「ミノキシジルは血管拡張効果がある」と述べました。実はミノキシジルは、高血圧の薬を開発中に発毛効果が発見されて作られた薬です。血管を広げることで血流を穏やかにするということですね。もともとが血圧を下げる薬の成分ですから、血圧が必要以上に下がってしまう副作用が起こっても不思議ではないのです。

 

血圧も、もともと105前後だったのが90を切るくらいに下がり、気が遠くなる症状や、動悸めまいも出始めましたので、4日でやめました。
出典:osakado.cool

飲んで暫くするとものすごい倦怠感で血圧も下がり過ぎ、朝起きれなくなってしまい1か月半くらいで服用を中止しました。
出典:osakado.cool

 

⑤性欲減退・勃起不全

内服する発毛剤プロペシアの副作用として有名なのが、性欲減退や勃起不全です。しかしこれらの副作用が起こるメカニズムは明確に解明されていないのが現状です。

発生率は比較的低く、性欲減退が約1%、勃起不全が0.7%となっていて、メンタルに影響されやすい症状でもあるので、AGAクリニックでは気にしすぎないようにと指導する場合もあるようです。

 

日常生活に支障はありませんが、副作用として性欲減退が出ています。
出典:osakado.cool

注意書きにもある通り副作用としての性欲減退は否めないかもしれない。
元からそんなに強い方ではないが服用後から性欲を抑制されてきている気はする。
出典:osakado.cool

 

こんな人には発毛剤はおすすめできません。

だめ

 

副作用の出方には個人差があります。特に次のような人は副作用の重大性が効能を上回ることが多く、発毛剤の使用はおすすめできません。

 

①敏感肌やアレルギー体質の人

外用タイプでも内服タイプでも言えることですが、発毛剤は強い成分を含有する薬です。敏感肌の人は体に優しいとされる育毛剤などでも頭皮トラブルになることがあるので、安易に発毛剤を使用するのは危険です。アレルギー体質の人も同様に、発毛剤に含まれる成分に反応してかゆみなどを引き起こす恐れがあります。

頭皮の状態が悪ければ発毛どころではありません。今生えている毛も抜けやすくなります。発毛剤の副作用の項で1番目に述べましたが、頭皮トラブルを放っておくとさらに炎症が悪化して、薄毛を進行させてしまうこともあるのです。

 

②肝臓の弱い人

発毛剤の副作用で、血液中のγ-GTPとGPTの数値が上昇が見られることがあります。これは肝組織が破壊された時に起こる現象なので、発毛剤の成分が肝臓に大きな負担をかけていることが推測されます。

発毛剤を含む飲み薬のほとんどは肝臓で代謝されます。もともと肝機能障害や肝臓病を患っている人が服用すると、肝臓に重大なダメージを与える恐れがあります。これは副作用の中でも生命に関わるものですので、細心の注意が必要です。

 

③子作りを考えている人

プロペシアが生殖機能に対して副作用を起こす可能性があることは前述しましたが、精子の減少という症状も報告されています。精子が少ないと不妊の原因にもなるので、子作り中や近々子供が欲しいと思っている人は服用を控えましょう。また、妊娠している女性がプロペシアを服用したり触ったりすると、男子胎児の生殖機能に悪影響が出る可能性があります。

 

発毛剤で副作用が出たら自己判断で続けないこと。

 

発毛剤の色々な副作用について説明してきましたが、もしも副作用が出てしまったら、すぐに発毛剤の使用を中止することが大切です。

今までの努力が台無し、勿体無い、と思うかもしれません。確かに発毛剤は継続してこそ効果が出るものなので、使用をやめてしまったら発毛の効果はなくなり、元の状態に戻ってしまうでしょう。

だからといって自己判断で発毛剤を使い続けると、重篤な副作用を起こし命に関わることさえあるということを忘れないでください。特に日本で無認可の内服薬を個人輸入で使用している人は非常に危険です。

使用をやめても症状が続くようなら、必ず医療機関を受診しましょう

 

発毛剤の副作用が怖い…そんな方におすすめなのは??

 

発毛剤の副作用を見てきて、とても怖いということが分かりましたね。でも、やっぱり薄毛対策も諦めたくない!どうしてもハゲを改善したい!という人も多いでしょう。

そこで副作用の心配なく薄毛対策ができることでオススメなのが、育毛剤です。先に「育毛剤は医薬部外品が多い」と述べました。効果は緩やかですが、育毛剤は頭皮の状態を改善するのが目的なので、毛髪サイクルを正常にし丈夫な髪を育てる手助けをしてくれます。

育毛剤といっても色々な種類がありますが、無添加・無着色・無香料で自然由来の成分にこだわり、頭皮にダメージを与える化学物質を使用していないタイプも多く販売されています。これなら副作用の心配もなく、安全に育毛ができるというわけです。

 

副作用がない育毛剤とは?おすすめはこの3つ!

副作用なく安全に薄毛対策をするために、どの育毛剤を選んだら良いのでしょうか。おすすめを3つご紹介します。

 

チャップアップ

チャップアップ

 

1番のおすすめは、チャップアップです。

チャップアップは厚生労働省で認可された医薬部外品の育毛剤です。

主な有効成分は、血行促進・保湿・細胞分裂を活発にする「センブリエキス」・抗炎症効果のある「グリチルリチン酸」・血行促進効果のある「ジフェンヒドラミンHC」の3種類。それに加えて海藻エキスなどの刺激の少ない自然由来の成分47種類が独自配合されています。その品質は頭髪の専門家も保障しており、使用者の97%が満足しているというデータからも効果の高さが伺えます。

安全性に関しても、第3者機関でパッチテストなどの試験を行っている他、放射性物質の検査もしています。

初回購入なら30日間全額返金保障があり、気軽に試せるのも魅力です。

 

 

 ブブカ

bubuka1

 

ブブカも、無添加・無香料の医薬部外品育毛剤です。

ブブカの特徴はミノキシジルと同等の効力を持つM-034という成分を、業界第1位の濃度で配合していることです。M-034は海藻エキスからなっていて副作用の心配が少ないのです。高い効果を持ちながら安全に使えることで、大人気の育毛剤です。

またブブカを購入すると、亜鉛などの育毛に役立つ成分を配合したサプリメントが付いてきます。「生えるまでキャンペーン」と称したこの計らいにより、内側からも外側からも育毛に適した頭皮環境にしてくれるというわけです。

 

 

ポリピュアEX

ポリピュアEX

ポリピュア

 

ポリピュアEXは、5年連続でモンドセレクション金賞に輝いた功績を持つ医薬部外品の育毛剤です。

その高評価の所以は独自開発の新成分バイオポリリン酸にあります。バイオポリリン酸は毛根の中の毛が生える中心部分「毛乳頭」に栄養を与えて活動を起こさせ、発毛を促してくれる画期的な成分で、世界で特許も取得しています

天然成分が中心で安全なことも嬉しいポイントです。

 

迷ったら「チャップアップ」なら間違いなし!

 

3つの育毛剤を紹介しましたが、その中でもどれにしようか迷ってしまったら「チャップアップ」がおすすめです。

その理由は、チャップアップは配合されている育毛成分のバランスが非常に良く、薄毛・抜け毛の改善に多方面から働きかけてくれるからです。

具体的には、例えばストレスなどにより頭皮の血液循環が悪くなって抜け毛につながっている場合は「センブリエキス」が血液の流れを良くします。また男性型脱毛症(AGA)による薄毛の場合には男性ホルモンからくる薄毛原因物質を作らなくする「ノコギリヤシ」や「オウゴンエキス」が有効です。

自分の薄毛の原因を自己判断するのは難しいですが、チャップアップなら効果が期待できるというわけですね。

 

 

チャップアップの安全性に関する動画はこちら↓

 

この動画は3ヶ月チャップアップを使用してAGAによる薄毛が改善された様子を、ビフォー・アフターの写真を交えて紹介しています。アフターの髪の増え方には驚かされます。チャップアップを3ヶ月毎日欠かさず続けられたのは安心品質のおかげと言えるでしょう。

 

発毛剤の副作用を知り、安心して続けられる方法の検討を。

 

発毛剤の副作用を紹介しましたがいかがでしたか?

このように、副作用に怯えることのない薄毛対策をしたいなら断然育毛剤がおすすめです。チャップアップなど、効果が高く安全なものを使って心身ともに健康な育毛活動をしていきましょう。