【厳選】本当に効果の高い発毛剤をランキングで発表!

 

発毛剤を使うなら効果の高いものがいいですよね!

でも、それを見極めるのってとても難しいというのも現実です。

どんな点を考慮すれば効果の高い発毛剤に出会えるのか、ポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

発毛剤とは…

女性の薄毛

 

育毛ケアアイテムのランキングなどを見ていくと「育毛剤」と「発毛剤」があることに気が付きますよね。

薄毛や抜け毛に効果を発揮するものだとわかっているけど、実際にはどう違うのか曖昧だという方も多いのではないでしょうか。

まずは育毛剤と発毛剤の違いから簡単に説明します。

育毛剤は、今ある髪をしっかりと強く育てるもの。

そして、発毛剤はなかなか生えなくなってしまった毛穴の細胞を強制的に活性化させ髪を生やすもの。

簡潔にまとめてしまいましたが、「今ある毛に作用するもの」と、「生えるシステムに作用するもの」と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

効果の高い発毛剤の見分け方

 

どうせ発毛剤を購入するのなら効果の高い発毛剤を使いたい!と思うのは誰でも同じですよね。

では、効果の高い発毛剤を見分けるポイントをご紹介します!

 

成分をチェック

まずは、配合成分をしっかりとチェックしましょう。

ランキングでよく見かける育毛剤は、ドラッグストアや通販で簡単に購入できます。

反対に「発毛剤」というのは、実は医薬品で医師の処方や、薬剤師のいる薬局でないと購入できません。

成分名でいうと、ミノキシジルやフェナステリドがそれに当たります。

ランキングに登場する有名なものでも、医師の処方や薬剤師の説明なしでは購入できませんし、副作用についてしっかりと把握しなくてはいけないお薬ですから、気軽に購入できません。

 

しかし、それぞれアプローチの仕方は違いますが、発毛に関してはしっかりと効果が確認されているお薬です。

「発毛剤」を選びたいときには、成分名をよく確認するといいですよ。

 

口コミや評価をチェック

次にチェックしたいのは口コミや評価です。

ランキング上位のものや、上手な宣伝をしている商品はやはり目に入りやすいですし、買ってみようかなという気持ちになりますよね。

しかし、買ってみて効果がなければただただ損をしてしまうだけです。

気になる発毛剤があれば口コミサイトや2chなどで生の声を見てみましょう。

本当に生えるのか、どのくらいの期間で効果が出たのかなど情報を知ることができるので損はありませんよ。

また、副作用などの度合いについてもいろいろな意見を知ることができますから、購入前の安心材料にもなります。

 

効果の高い発毛剤TOP5!

効果の高い発毛剤を見分けるポイントがわかっても、実際にどんなものがあるのかはわかりませんよね。

そんな方のために、人気の発毛剤をご紹介していきます!

 

プロペシア

 

男性の薄毛の原因として多いものがAGA(男性型脱毛症)です。

このAGAに効果を発揮するお薬と言えば「プロペシア」が有名ですし、ランキングでも上位に入っています。

プロペシアの主成分はフィナステリド

AGAの原因はDHTという男性ホルモンですが、これは男性ホルモン(テストステロン)と5aリダクターゼという酵素が結びつくことによって生成されます。

フィナステリドは5aリダクターゼの働きを阻止しますから、AGAの原因であるDHTの生成を阻害することができるのです。

 

元は別の病気に対して処方されていたお薬ですが、副反応として多毛の症状が出たことから、発毛剤としても開発されてきました。

厚生労働省からも認可されており、その効果は期待できると言えるでしょう。

 

リアップ

 

医療用成分ミノキシジルを配合した発毛剤がリアップです。

ミノキシジルは、もとは高血圧の方に処方される医薬品でしたが、その副作用で多毛が見られたため薄毛治療としても開発されるようになりました。

 

そのミノキシジルの主な効果は血流改善。

血流をアップし、頭皮の毛細血管までしっかりと血液を巡らせることによって毛包に栄養を行きわたらせ、毛が生えるシステムに作用していきます。

薬局などで気軽に購入できる育毛ケア製品の中で、医療用成分を配合し臨床データもあるリアップは、薬事法で唯一「発毛剤」といえるのだそう。

その確実性からランキングでも上位にランクインしていたり、効果のあるものを使いたいという方に好まれています。

 

フィンペシア

フィンペシアはプロペシアと同じ成分であるフィナステリドからできています。

配合量も効果も同じですが、ジェネリック医薬品であることから、プロペシアに比べると驚くほど低価格で購入できるためとても人気があり、ランキングでも毎回おなじみの発毛剤です。

しかし、日本ではフィンペシアの販売は認められていないので、購入は個人輸入に頼らざるを得ません。

そのため、副作用のリスクや、偽物が届く危険性などはすべて自己責任です。

AGAの治療は毎日続けるもの。

フィンペシアは治療の経費を抑えたいと考える方に好まれる発毛剤です。

 

 

ロゲイン

 

ロゲインは、ミノキシジルを配合したアメリカの発毛剤

リアップx5と同じ量のミノキシジルが配合されており、効果もリアップx5とほぼ同じとされています。

 

決定的な差はやはり価格で、リアップが7,000円程度だとすると、ロゲインはだいたい2,000~3,000円ほどで購入できてしまいます

同じ成分同じ効果なら安い方を使いたいという方に人気があり、人気ランキングを見てもロゲインがランクインしていることが多いです。

 

ミノキシジルタブレット

 

ミノキシジルを錠剤で服用し薄毛治療をするという方もいます

同じミノキシジルですが、やはり塗布するより内服した方が効果が高いようです。

しかし、効果が高い分、副作用の影響も出やすくなっています。

 

また、塗布するタイプとは違い、内服するタイプは薄毛治療としては認可が下りていません。

そのため、使用に関しては全て自己責任だということも把握する必要があります。

初心者の方や、副作用が心配な方は塗布するタイプの方がおすすめと言えそうですね。

 

でも実は、発毛剤にはこんな副作用のリスクが。

 

ランキングを見ても高い効果を発揮することがわかる発毛剤ですが、医薬品ですから副作用と隣り合わせだということも把握しなければなりません。

具体的にどのような副作用があるのでしょうか。

 

1)アレルギー反応

発毛剤「プロペシア」の主成分であるフィナステリドでよく見かける副作用としては、そう痒症、口辰腫脹、顔面腫脹、じんましん、発疹などのアレルギー症状があげられます。

薬になれてくると収まる場合もありますが、ひどい場合は医師に相談しましょう。

 

またリアップ等に使われる塗布するタイプのミノキシジルでも、頭皮が痒くなったり荒れてしまったりなどの症状が起こり、発毛剤の使用をやめてしまったという方も見かけます。

ミノキシジルは血行を良くしてくれるため、多少は皮膚がピリピリすることがあるかもしれません。

しかしこちらも、我慢できないほどのかゆみや、強い症状がでた場合には、医師の指示を仰ぎましょう

 

2)体毛が濃くなる

フィナステリドもミノキシジルも処方するべき病気があって、その副作用で多毛が出たことからAGA治療薬への開発が始まったお薬です。

そのため、頭髪だけに限らず、体全体の毛が濃くなることがあるようです。

薬の効果はそれぞれで、薬の服用を止めたら薄毛に戻ってしまったという方が多い中、体毛については戻らないという方も少数ですが見かけました。

実際に服用しないと自身への効果はわかりませんが、こんなこともあるということを覚えておいた方がいいかもしれません。

 

3)男性機能の低下

フィナステリドの場合は、男性ホルモンに直接影響を与える作用があるため、勃起不全や性欲減退、精子濃度の低下など男性機能に対して不具合を感じる場合もあるようです。

もちろん使用を止めれば元に戻ることがほとんどですから、安心して大丈夫だといわれています。

しかし、妊娠を計画している方にとっては服用時期を見合わせたほうが良いかもしれません。

 

発毛剤のリスクはこんなところにも…

 

その他、薬を飲むことで考えられるリスクとして、普段はあまり気にしないような点にも注意したいことがたくさんあります。

 

1)購入時のリスク(個人輸入の場合)

AGA治療で、日本で許可されているフィナステリド剤はプロペシアのみ、ミノキシジルの育毛剤はリアップのみです。

それ以外の医薬品は日本では許可が下りていないため、国内では販売されていません。

購入したい場合は、個人輸入が必要になりますが、実は個人輸入はリスクが多く存在します。

  • 薬自体が偽物の可能性がある。
  • 正規のものであったとしても重篤な副作用が起きた時の副作用救済制度が受けられない。
  • 取引の際に語学力がないと対応しにくい  など…

このような点をよく把握してから購入するようにしましょう。

 

2)女性や子供へのリスク

発毛剤のプロペシアなどの主成分フィナステリドは、実は女性や子供は服用どころか、触れることすら禁止されています。

触れるだけでも皮膚から薬の成分が浸透してしまい、体に影響を与えると考えられているからです。

特に男児を妊娠中の妊婦や、子供が触れた場合、生殖器の成長に悪影響を与えてしまう危険性があります。

フィナステリド剤の服用を始める際には、薬の保管は自分で行い、安全性を徹底的に守るようにしましょう。

 

3)献血ができない

服用や触れることさえ禁止されている人がいるフィナステリドですから、当然献血はできません

しっかりと申告せず献血を行い、他の人に渡ってしまったらと思うと恐ろしいですよね。

献血は1~2ヶ月ほど服用を止めればできるようになります。

献血を希望する場合にはフィナステリドはお休みするようにしましょう。

 

 

発毛剤の効果や副作用を知り、自分に合った薄毛対策を!

 

効果の高い発毛剤を5つご紹介しましたがいかがでしたか?

最近では薄毛を気にして治療をする人も増え、発毛剤や育毛剤など様々な選択肢が増えています。

効果の高いものを選びたいのが本音ですが、その陰にある副作用についてよく把握し、自分にあった薄毛対策をしていけるように心がけましょう。