エフペシアが薄毛に効果的とネットで話題に!

そのお手頃な価格と効果の高さが話題のエフペシア。

ネットで名前を見て、興味を持った方も多いのではないでしょうか。

そんなエフぺシアの特徴や、効果が得られる期間などについて調査を行いました。

AGA対策の参考としても、ぜひ活用してください!

 

女医

 

エフペシアとは一体何?

まずはエフぺシアの基本について見てみましょう!

エフぺシアは、インドのシプラ社が製造及び販売を行っているプロペシアの日本向けジェネリック医薬品です。

元々シプラ社は「フィンペシア」と呼ばれるプロペシアのジェネリック医薬品の販売を行っていました。

そのコーティング剤に用いていたキノリンイエローに発がん作用があると日本でも噂になり、キノリンイエローが含まれていない製品を開発・販売したものがエフペシアなのです。

 

ジェネリック医薬品なだけにプロペシアよりも安価で購入することができ、効果は先発医薬品のプロペシアに見劣りすることがありません。

高い効果を有しながら価格が安いのは願ったり叶ったりですよね!

 

気になる生え際

 

エフペシアの効果、特徴!

では、改めてエフぺシアの効果や特徴を見てみましょう!

 

AGAに効く!

前述したようにエフぺシアはAGA治療に効果的な治療薬です。

その効果を支えているのが、エフぺシアに含まれているフィナステリドと呼ばれる成分です。

 

AGAの原因は、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する事で生じる事が分かっています。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを不活性化する効果があり、その結果DHTの生成を抑制してくれます。

これにより、AGAが改善されていくのですね。

 

 ヘアサイクルの乱れを修復する!?

AGAを発症すると、ヘアサイクルと呼ばれる発毛から脱毛までの周期がおかしくなってしまいます。

これはDHTが毛母細胞に悪影響を及ぼすことで生じるもの。

 

本来、正常な方の髪の成長は4~6年あると言われていますが、AGA患者の場合は1年程度まで期間が激減してしまいます。

こうなると貧弱な髪しか育たず、細く抜けやすくなって薄毛になるんですね。

しかし前述したようにフィナステリドはDHTを抑制するので、ヘアサイクルの乱れを修復してくれる効果があるのです。

 

 余分な皮脂とおさらば!

DHTによる悪影響は頭皮環境にまでも及びます。

と言うのも、DHTにはヘアサイクルを乱す他にも皮脂の分泌を促す作用があるからです。

通常ならば皮脂は頭皮を潤すための大事な要素なのですが、過剰分泌すると雑菌の繁殖による悪臭や炎症など原因になり頭皮環境を悪化させます。

べたべた頭皮は、DHTにも原因があったのですね。

DHTを抑制するフィナステリドは頭皮の皮脂量をも健全な状態に維持してくれるのです。

 

育毛剤

 

エフペシア、「ファイザー」や「フィンペシア」と違いは?

エフぺシアをネットで調べてみると、ファイザーやフィンペシアと呼ばれるAGA治療薬を見る事があります。

この両者はエフぺシアと同様でプロペシアのジェネリック医薬品です。

 

フィンペシアは、前述したようにエフぺシアと同じシプラ社が製造販売を行っている治療薬。

ひと昔前のフィンペシアにはキノリンイエローが含まれていましたが、最近のものには含まれておらず、ほぼエフぺシアと同じ成分で構成されています。

 

一方で、ファイザーは製造会社は違うものの効果や成分はエフぺシアとほぼ同じです。

違うとすれば、エフぺシアやフィンペシアとは違い厚生労働省から認可を受けている点だけ。

基本的に心配はいりませんが、安全性などではファイザーの方が高いと言う見方ができるかもしれません。

 

医学的

 

エフペシアの効果に関する口コミ!

さて、エフぺシアの特徴、効果を見て頂いたところで、口コミを見てみましょう!

実際に使用した方の意見は参考になるので、是非ご覧下さい。

 

半年程度で効果が出ている方がいる一方で効果が得られていない人もいるようです。

口コミの意見も踏まえて、次項も見ていきましょう!

 

 

エフペシアの効果が現れる期間はどれぐらい?

気になる項目の1つがどぐらいの期間で効果が出るのかと言う点ですよね。

この点は、個人差が出てしまうので断言するのは難しいのですが、一般的に3カ月あたりからのようです。

 

それにはヘアサイクルが関係しているようですよ。

ヘアサイクルは成長期、後退期、休止期の3つの期間に分類する事ができます。

エフぺシアの服用を開始すると弱っている髪は初期脱毛として抜け落ちて、成長期から後退期に移行。

後退期は2~3週間程度の期間がかかると言われており、抜け落ちた後は休止期に入ります。

次の休止期が少し長く、大体2~4カ月くらいの期間がかかってしまいます。

 

つまり、新しく髪が生えてくるまで早くても、ヘアサイクルで考えると2カ月以上はかかります。

目に見える程度まで髪が生えるにはさらに時間がかかるので、合計で約3カ月という期間を要する事になりますね。

しかし、あくまでも目安だという事は忘れないでいてください。

 

育毛剤

 

早くてもどれぐらいの期間がかかる?

逆に、長くてどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

はっきりとは言えませんが、先ほどのヘアサイクルでの理屈でいえば約5カ月程度の期間となります。

ですが、こちらの表をみてください。

 

服用期間 1年 2年 3年
髪の毛が減った 2% 2% 2%
変わらない 40% 30% 20%
髪の毛が増えた 58% 68% 78%

この表はエフぺシアに含まれているフィナステリドを服用した方の期間別の効果報告です。

注目して頂きたいのが変わらないと答えていた方の増減です。

仮に、1年の服用でもれなく効果が出るのであれば、その後は変わらないと答えた方の回答率は変動しません。

しかし、1年ごとに10%減少が起きています。

 

傾向で見れば5年目で皆さん効果が出るのかもしれませんが、確実とはいえません。

ですから、ヘアサイクルで見てみて半年、長くても1年程度の期間で目安を付けるのが良いかもしれませんね。

 

育毛

エフペシアの効果を短期間で出すコツ!

期間でのお話で不安になった方もいますよね。

しかし、エフぺシアには短期間で効果を出すコツみたいなものがあります。

その辺をまとめましたので、ご参考ください!

 

頭皮環境を整える!

エフぺシアにAGAの原因を抑える効果があるとはいえ、頭皮環境が整っていないと発毛力は半減してしまいます。

頭皮環境のケアは発毛の第一歩ですよ。

普段から頭皮マッサージで血流をよくする習慣を付けたり、頭皮を綺麗にする薬用シャンプーなどで頭皮環境を整えるなどを行うと、効果をより短期間で得られる可能性がアップします。

頭皮マッサージなどを習慣化させるのは少し大変ですが、頭皮はいわば髪における土壌の役割を果たしている部分。

しっかりとケアをしてあげましょう!

 

 他の育毛剤を併用する!

実はAGAの原因に作用するフィナステリドには、発毛を促進する効果はありません。

あくまで脱毛の抑制やヘアサイクルの正常化が主な役割です。

ですので、人によっては発毛効果のある育毛剤を併用している場合があります。

その中でもミノキシジルやチャップアップを使用している方が多く、より早くに効果を得ることが期待できます。

 

とは言え、副作用やコストなどトータルで見積もる必要があるので注意しましょう!

 

 生活習慣を改善する!

AGAを発症する原因の1つには、生活習慣の乱れがあります。

睡眠不足や偏食、タバコ、アルコール、ストレスなど考えられる可能性はたくさんありますが、生活習慣の乱れているとホルモンバランスも乱れてしまいます。

ですので、簡単にできるところからでも改善を行ってみてください。

髪の毛はもちろん、体も大切にしましょう!

 

薄毛対策

 

エフペシアの効果や期間に関する動画!

 

 

こちらは一般的の方が投稿しているエフぺシアの開封動画です。

動画詳細欄から使用して効果があったそうです。

エフぺシアには偽物も紛れていると言う話もあるので、ご参考ください!

 

エフペシアの効果に期待!期間をしっかり把握しておこう!

エフぺシアはAGA治療に対して効果的な手段です。

今回の記事から効果が得られる期間を把握しつつ、服用を検討してみてください!

 

診察