市販の育毛剤の種類って何がある?

 

種類って何がある?

市販で売っている女性用の育毛剤でオススメなのがモルティ薬用育毛ローションです。

使った感想としてはまず爽快感があり気持ち良く、これが良さですね。

私はお風呂上がりのドライ前につけていますが、吹きかけるとスーっとした爽快感が広がり、夏には特に気持ち良くてたまりません。

肝心の育毛効果ですが、髪の毛が太くなったというか強くなった感じでした。

もともとカラーやパーマで痛んでいた私の髪の毛ですが、既存の髪の毛には特に効果は感じず、根元の新しく生えた髪の毛にはハリを感じるようになりました。

くしでとかした時の脱毛や切れ毛も少なくなりましたのでオススメです。

次にオススメなのはヘアアクセルレーターです。

こちらは髪の毛を早く伸ばすエッセンスと言われますが、私的にこちらも髪の毛が元気になったのが実感出来ました。

香りがレモンの方を使ったのですが、少し独特ではありましたが昔からあるだけあって、髪の毛への栄養補給にはばっちりでした。

最近は男性用も女性用もたくさんの育毛剤がドラッグストアやバライティショップなど市販で購入できるようになりました。香りや使用感もそれぞれ違いますので自分の好みの育毛剤を見つけるのも楽しいですよ。

 

市販の女性用育毛剤の選び方とは何?

育毛剤の選び方

育毛剤は男性用だけでなく、女性用も市販されています。

そんな女性用育毛剤の選ぶ時は、まず医薬品医薬部外品化粧品かを確認しましょう。

この中で育毛効果が高いのは医薬品です。

医薬品は国によって効果が認められた薬なので、強力ですが副作用のリスクもあります。

医薬部外品は医薬品より効果が抑え目ですが、人体への影響も少ないのが特徴です。

化粧品は身体を健康に保ち、美化するのが目的で保湿以外の効果は記載できません。

市販されている女性用育毛剤で医薬品は少なく、殆どが医薬部外品か化粧品です。

薄毛に悩んでいるなら、効果の高い医薬部外品の方が良いでしょう。

女性に限らず男性の育毛剤もそうですが、ある程度の期間使い続けないと効果を実感できません。

なので、刺激の強い成分が入ったものは避けて無添加の商品を選べば安全に長く使えます。

また、普段使用している香水などの化粧品の香りと育毛剤の香りが混じる恐れもあります。

なので、無香料の商品を選んだ方が無難です。

薄毛の原因は色々と存在するので、原因にあった商品を選ぶのが効果的です。

もし、自分の薄毛の原因が分からない場合は血行と新陳代謝の改善作用がある成分の配合された商品を選びましょう。

血行と新陳代謝の改善はどんな薄毛の原因にも効果的です。

 

女性が市販の育毛剤を使用する際の注意点は?

 

 

女性が市販の育毛剤を使う際の注意点は、大前提として女性用の育毛剤を選ぶことです。

同じ育毛剤だからと例えば夫が使っているものをついでに自分も使うという状況は避けたいです。

男性用の育毛剤は非常に刺激が強い場合が多く、女性が使用すると皮膚トラブルが起こって状態が悪化することにもなりかねません。

男性と違って毎月生理があるので、ホルモンバランスの乱れによって肌の状態が敏感になるのです。

そんな時に刺激の強いものが触れてしまうと過敏に反応してしまう可能性があるのです。

なので皮膚が乾いている時でも使えるような、優しい成分を含んでいるものを選ぶべきです。

また男性用のものはアルコール分が多く含まれている場合が多いので、マニキュアが落ちてしまうなど頭皮以外の部分でも問題が出てくることも忘れてはなりません。

育毛剤の使用方法は書かれている説明を守ることが鉄則です。

男性用の商品と女性用の商品は含有成分が違いまして、頭皮が濡れている時に使うのか乾いている時に使うのか、量やタイミングはどうなのか細かに調べる必要があります

男性と女性の抜け毛の原因は異なるので、男性と同じような使い方をしないという点が注意点と言えます。

 

女性は男性用の市販の育毛剤を使用してもいいの?

 

どんな育毛際?

 

男性用の育毛剤は、今や様々な所で目にするようになりました。

市販品ならお住まいの近くのスーパーマーケットなどでも簡単に手に入ります。

一方、女性用の市販品の育毛剤は、まだそんなにどこででも目にするというものではありません。

しかし、育毛・薄毛の悩みは、男性に限らず女性にもあることです。

最近、薄毛が気になってきたなと思って、父親や夫が使用している育毛剤をちょっと拝借したり、手っ取り早く手に入る男性用市販品の育毛剤を買ってみたなんてことあるのではないですか。

それは、「ちょっと待ってください。」

育毛ということは、身体に直接作用するものだということです。

男性と女性の身体は、見た目はもちろんですが、体内のホルモンもまったく違います。

ということは、男性用のものを女性が使用することによって効果が出るどころか反対に薄毛を進行させてしまったなんてこともあります。

化粧品などと同じように自分に合ったものをしっかり探して、使用することで確かな効果が得られるというものです。

また、人それぞれですが育毛は、すぐに効果を実感するというものではないですから、頭皮などの異常がない限りは、少なくとも半年以上の地道なお手入れを続けていくことが大切です。

 

女性が脱毛しないために注意するべきことは?

 

相談

 

現在、男性のみならず女性の薄毛等の頭皮の問題を抱える人は少なくありません。

また、この症状に悩まされる年代も広くそれぞれ違った悩みや不安を持つことがあります。

現在、テレビや雑誌では頭皮の悩み改善のため消費者に合わせたカツラやサプリメントの販売、宣伝を行ってます。

ドラッグストアを始めとする店舗でも、薄毛対策の商品を多く扱ってます。

これに伴い人々は自分に合った好みや体質に合わせた症状緩和を見込めますが、育毛剤を使用するだけでは頭皮トラブルは改善できない場合もあります。

確かにサプリメントや発毛作用のある商品を使うことも大切ですが、日々の生活環境を整えるといった内側から頭皮状態を整えることも必須です。

また、市販の頭皮ケアの商品は医薬品や化粧品、医薬部外品といった分類がなされそれぞれ異なる効果を持ちます。

特に化粧品分類は頭皮環境を整えますが発毛作用がないものが多いため、女の人は育毛作用も配分されると勘違いする場合もあるので注意が必要です。

厚生労働省から認定された医薬品は効果を期待できますが、その分副作用の恐れがあります。

効果は前者と比べて劣りますが、人体へのリスクが低めの医薬部外品は長期的に使用するのが良いでしょう。

しかし、自分の頭皮の症状は様々であり、医師との相談をよく行って頭皮ケアを試みましょう。

 

市販の女性用育毛剤のお値段はどれくらい?

お値段は…

 

 

 

市販の育毛剤はドラッグストアなどの薬局系店舗で販売されている商品とネットなどで販売されている商品があり、女性用と男性用に分かれています。

男性用は根本的な原因が違っていますので女性は女性用の育毛剤を購入しましょう。

市販女性用育毛剤の値段は千円程度から一万円以上と商品によって大きな差があり、平均が約3500円程度で5千円を超えれば高い育毛剤になります。

値段の差の理由として成分の含有率・配合成分量・添加物の有無・原料の産地・加工方法によって違ってきます。

安いから有効成分も薄くて効果も気休め程度と思いがちですが、肝心な事は頭皮との相性ですので値段で安易に決めない方が無難です。

頭皮が乾燥肌・敏感肌など弱いのであればトライアルキットなど試供品や小さいサイズのボトルで試してみると良いですね。

ネットで販売している育毛剤に関しては返金保証している製品もあるので保証対象期間を確認して利用するのも手です。

値段が高いから有効成分が多く効果も期待出来るかと言うと一概に言えず、効果が発揮されるのは使用開始から約3か月程度とされており、その後も継続して使用出来る事が大事になります。

継続して使用するには値段に無理がない点と有効成分の配合率とのバランスが重要になってきます。